文字サイズ 小 中 大
現在のページ

トップページ > 学会案内

学会案内

日本ペストロジー研究会設立趣意書

近年の急激な都市化、社会構造の変化、あるいは生活様式や、生活感覚の変化によって、我が国のねずみ衛生害虫防除事業は大きく変容してまいりました。すなわち、伝染病防圧のために始った媒介昆虫駆除から、快適な環境作りのための不快昆虫防除へと大きく変化してきました。
これに伴い、防除の主力は市町村の衛生班、地区組織活動から、PCOへと移り変ってまいりました。
また、対象害虫として不快害虫が大きな問題となり、防除の場も都市が主な舞台となってまいりました。このような情勢の中で、我が国のねずみ衛生害虫防除事業におけるPCOの役割や責任はますます重要になりつつあります。
PCOは、技術集団だといわれます。換言すれば、技術をサービスする産業であります。この技術を支えるものは学問であります。翻って関連学会を眺望してみますに、衛生動物学という伝統的な学問領域があり大きな支えとなってはいますが、アカデミックな医学の一分科に所属しており、ペストコントロールを中心とした学会ではありません。
ここに、PCOのための学問を模索し、その技術体系を作りあげることをめざして旗揚げしようとするのが「日本ペストロジー研究会」であります。学問的研究や技術的開発の場として研究発表大会をもち、全国的規模で研究者、技術者、あるいは実務者にいたるまで、その相互啓発・学問的交流・情報交換・懇親を図ることを目的とするものであります。

昭和60年8月17日

日本ペストロジー学会あいさつ文

日本ペストロジー学会は、1985年の発足(当初は日本ペストロジー研究会)ですから、まもなく30年になります。
このPestologyはpestと-logyの合成語で「ペスト(有害なもの)を研究する学問」を意味します。
 このユニークな学会の特徴は、ペストコントロール(害虫管理)企業の技術者をはじめ、大学、公立研究機関、薬剤・機器会社、自治体などから350名(団体) 以上の会員が所属し、産官学共同の様々な調査・研究を行っていることです。
 学会では、年2回の学術誌(ペストロジー)の発刊のほか、学術集会(大会)の開催や若手談話会などを通じて、会員の相互啓発、学術交流、情報交換、懇親を図っております。2007年には日本学術会議の協力学術研究団体にも指定されました。
 ペストロジー誌上で取り上げられる対象は、ゴキブリ(生態及び防除)が最も多くなっていますが、食品害虫(生態)、塵性ダニ(被害、生態)、ねずみ(生態・防除)、チョウバエ、ユスリカ、アリ、シロアリなどと多岐に渡っています。すなわち、害虫管理企業(PCO)が対象とする産業や建築物内発生害虫が中心となっているのが分かります。また、近年の大会での発表では、激甚災害時の害虫調査や防除、ウエストナイル熱やデング熱侵入時に重要となる媒介蚊の発生状況調査、外来生物対策、近年問題が拡大しているトコジラミの防除事例など、現状に即した報告も数多く見受けられます。若い研究者の優秀な学術論文や優れた発表を表彰しています。
 学術集会での発表や活発な討議は、実際に大会に参加されるとご理解いただけると思います。特に、若い技術者の真摯な研究姿勢には心を打たれるものがあります。本学会の更なる発展のためにも、ぜひ本学会にご入会され、積極的に参画下さいますようお願い申し上げます。

日本ペストロジー学会 会長 田原 雄一郎

 

 

 

▲ページトップへ