文字サイズ 小 中 大
現在のページ

トップページ > お知らせ一覧

お知らせ一覧

お知らせ

企画委員会より
当委員会では学会活性化を旨とし、編集委員会ともタイアップしつつ様々な取組を行ってきました。
例えば会員特典を盛り込んだホームページの立上げ、学会ロゴマーク並びにパンフレットの作成、害虫分布情報の収集と発信、東日本大震災関連事業の実施、業界誌への広告掲載、学生会員制度の導入、学会大会での優秀発表賞の制定などが挙げられます。
これらの事業は直接学会活性化に結びつかないものもあるかも知れませんが、いずれも当学会のレベルアップや認知度向上には少なからず寄与しているものと考えます。
今後も学会活性化に向けいろいろな取組を行ってまいりますので、学会員の皆様には今後共ご理解、ご協力を頂きます様、宜しくお願い致します。

ロゴマークについて
学会のシンボルになる昆虫として、代表的な衛生害虫であり、不快害虫でもあり、かつ食品工場等で混入異物としても問題になる「ゴキブリ」を選定しました。基本デザインは、壁面にそって素早く走るゴキブリの習性を念頭におき円形容器内を走り回る姿を描写しました。すなわち、触覚を前方に伸ばし、前脚も含めた6脚すべての脛節を後方に向けることで、甲虫類や大型ハエ類とは異なる生きた本来の形態的特徴をアニメ的に不快感を和らげて描きました。また、カメムシ類とは異なり、常に左側上翅が上に重なるという特徴も示して、ゴキブリらしくしました。 このゴキブリのモデルは、日本原産の「ヤマトゴキブリの雄成虫」です。日本ペストロジー学会のロゴマークなら、なるべく日本特産の種類にしたいと考え、クロゴキブリより若干、前胸背板を小さめにしてスマートにしました。このロゴマークには、我が国の衛生管理技術の向上のために、基礎研究と「生きた現場での実践的な観察や実験の融合を目指したい」という願いも込められています。
(ロゴマーク考案者:富岡康浩)

ニュース&トピックス

・第33回日本ペストロジー学会大会は、平成29年11月9日、10日に東京都武蔵野市で開催予定です。
詳細は追って、掲載いたします。

▲ページトップへ